AT&Tサービス・ニュース

AT&T Global Network ClientVer7.2.1 Managed VPN Edition日本語版の発表

[1] 発表の概要

[1-1]サービスの概要

本日(2008/7/7)付でAT&Tブロードバンド・ソリューション向けにMicrosoft Windows Vistaに対応するAT&T Global Network Client の新バージョンであるV7.2.1 Managed VPN Edition日本語版をリリース致します。
このバージョンはWindows2000やXPにも対応致しますが、ハードウェアの要件が高いので、導入前にはご注意ください。ハードウェアの 要件に関しては本章の[2-4] 「AT&T Global Network Client V7.2.1 Managed VPN Edition導入にあたって」をご参照ください。

V7.2.1 Managed VPN Edition日本語版にてご利用いただけるサービスは以下のとおりです。

  • AT&Tブロードバンド・ソリューション(以下BBS)
  • AT&TセキュアIPブロードバンド(以下S-IP BB)
  • AT&TネットワークベースドIP VPN リモートアクセス サービス(以下ANIRA)

[1-2] サービスの革新性

AT&T Global Network Client V7.2.1 Managed VPN Edition日本語版は、Microsoft Windows Vista 全editionの日本語(32ビット版、64ビット版)に対応いたしました。 V7 Managed VPN Edition日本語版の機能として、V7.0.2に引き続き以下の機能をご利用いただけます。
  • ソフトウェア導入後のユーザー設定が不要
  • PCの状態をチェックして、優先順位に従ったアクセス方法を自動選択
  • VPN接続用デジタル証明書の自動更新機能
  • 旧バージョンの外観が選択可能

[1-3] ご利用開始日


2008年7月7日(月)


[1-4] 販売窓口

各サービスの規定に準じます。
なおAT&Tリモート・アクセス・サービスをご契約のお客様にはAT&T Global Network Clientは 無償で提供させていただきます。

[2] サービスのご紹介

[2-1] Microsoft Windows Vista 64ビット版対応

AT&T Global Network Client V7.2.1 Managed VPN Edition日本語版は、Microsoft Windows Vista全editionの日本語(32ビット版、64ビット版)に対応しています。

[2-2] V7 Clientの便利な機能

  • 自動設定
    • V6までのクライアント・ソフトウェアは、導入後にPC1台ずつ設定作業が必要でしたが、V7では導入後のセットアップが不要になりました。VPN接続時にアカウントID、ユーザーID及びパスワードによる認証後、構成情報をダウンロードして自動設定を行います。
  • オート・コネクト(優先順位に従ったアクセス方法の自動選択)
    • ブロードバンド、Wi-Fiまたはダイヤルアップの3つの接続方法の中から事前に設定した優先順位に沿って、有効な接続方法を自動的に選択します。ご利用者様はアクセス方法を意識せずに接続できます。
  • 外観の選択
    • ご利用者様により外観(スキン)の選択が可能です。V6の外観及び使い勝手でご利用いただけますので、V7の画面用のガイドが不要になります。
  • VPN接続用デジタル証明書の自動更新
    • V6までは、デジタル証明書の有効期限切れにより、クライアント・ソフトウェアを継続してご利用いただけないことがありましたが、V7からは期限が切れる前に自動更新されますので、証明書の期限切れによって接続ができなくなることがなくなります。
  • その他の便利な機能
    • ダウンロードされる電話番号リストのサイズ(バイト数)表示
      ダウンロードされるバイト数を事前に確認できますので、所要時間や接続料金を予測して、ダウンロードを中止することができます。
    • 接続ログの表示
      過去の接続日時、接続時間、アクセス方法を見やすいフォーマットで表示しますので、問題判別に便利です。
    • 海外Wi-Fiアクセスポイントの地図表示
      電話番号リストのリンクをクリックするだけでGoogle MAPなどと連携してアクセスポイントの所在地を地図に表示します。(インターネット接続時にご利用いただけます。)
    • PCのセキュリティ状況の表示
      Windowsと連携してPCのファイアウォール状況、アンチウイルス・ソフトウェアの状況などを表示します。
    • ネット・ファイアウォールのNetBIOS透過性
      ネット・ファイアウォールにてブロックされていたファイル共有やネットワーク・プリンターが使用できます。

[2-3]  AT&T Global Network Client V7.2.1 Managed VPN Edition画面

<起動時の画面例>


<バージョン5スキンを選択した場合の画面例>


[2-4] AT&T Global Network Client V7.2.1 Managed VPN Edition画面導入にあたって

  • ハードウェア要件
      最小必要構成 推奨構成
    CPU動作クロック 1GHz以上 1.2GHz以上
    メモリー Windows 2000: 512MB以上
    Windows XP: 512MB以上
    Windows Vista: 1GB以上
    Windows 2000: 1GB以上
    Windows XP: 1GB以上
    Windows Vista: 2GB以上
    空きディスク容量 150MB 150MB
    ※Windows Vista用のクライアント・ソフトウェアであるため、ハードウェア要件が高くなっています。Vista以外のOSに導入する場合にはPCの仕様を事前にご確認ください。

  • 対応オペレーティング・システム
    Windows 2000 Professional 日本語版
    Windows XP (Home Edition および Professional Edition) 日本語32ビット版
    Windows Vista 全 Edition 日本語32ビット版, 64ビット版
    • 導入にはWindowsのアドミニストレーター権限が必要です。
    • 対応オペレーティング・システム以外への導入はできません。
    • Windows XPの64ビット版には対応していません。

  • 導入方法
    以下URLよりV7.2.1とユーザーガイドをダウンロードのうえ、ユーザーガイドの導入方法に従ってPCに導入してください。
    http://www.corp.att.com/jp/services/downloads/

  • 旧バージョンからの移行の場合のご注意事項
    V5,V6等の旧バージョンからの移行については、V7導入前に現行クライアント・ソフトウェアをアンインストールしてください。その際、プロファイル情 報は移行されませんので、アカウントID、ユーザーID、その他の設定(DNS、WINSなど特別な設定がある場合のみ)を記録しておくことをお勧めしま す。

 


*以上に掲載の会社名および製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

先頭に戻る'