プレスリリース

AT&T、IBMとともに法人向けグローバル・クラウドサービスを提供開始

~革新的な技術とプライベート・ネットワークにより安全性の高いシェアード・クラウドを実現~

【2012年10月9日 米国テキサス州ダラス、ニューヨーク州アーモンク発】 AT&TとIBMは本日、クラウドサービスとして初の「ネットワーク対応」クラウドサービスに関する業務契約を発表しました。これはパブリックインターネットではなくプライベート・ネットワークを使ったクラウドサービスを提供するもので、より高いセキュリティが確保されます。

AT&Tの仮想プライベート・ネットワーク(VPN)とIBMのクラウドサービス「IBM SmartCloud Enterprise+」にAT&T Labsの画期的な技術を組み合わせることにより、高速で安全性の高い新しいシェアード・クラウドサービスが実現しました。このサービスはフォーチュン1000社に名を連ねている世界中の企業を対象に、2013年初旬より提供を開始する予定です。高い安全性と可用性が求められるクラウド・ソリューションを導入する企業にとって有効なオプションとなります。クラウド・コンピューティングの導入を阻む主な理由として、多くの企業がセキュリティの問題を指摘しています。

今回発表された新しいサービスでは、AT&TのVPNを通じてIBMのクラウドコンピューティングリソースに接続した際、革新的な技術によって双方のセキュリティ保護が統合されます。したがって、自社データセンター(プライベート・クラウド)と、この新しいクラウドサービスの間で高速かつ安全にデータやアプリケーションを移動することができるのです。これはクラウドの柔軟性だけでなく、タブレット型端末やスマートフォン、パソコン、情報キオスク端末、M2Mデバイスといった有線・無線コンピュータ・デバイスとデータセンターの間を移動するデータやアプリケーションの保護を必要としている企業にとって極めて重要です。

一例では、この新しいサービスを導入した金融サービス企業では、自社のデータセンターとIBMのクラウド・データセンターの間で、重要な顧客データをVPNの高いセキュリティのもとで移動、管理できるようになりました。

AT&Tの革新的な技術は、ネットワーク・リソースをコンピューティング・リソースにダイナミックに割り当てることにより、手動で行われることの多い操作を自動化することができます。このためネットワーク・リソースとコンピューティング・リソースの拡大・縮小が可能となります。これによって、例えば、これまでオンライン小売業者が祝休日のハイシーズン前後に陥っていたシステム負荷や、多くの従業員を抱える企業が各年の従業員医療給付申請の前後に経験していたようなシステム負荷の変化に対応できるようになります。

AT&T Business Solutions CEO、Andy Geisseは次のように述べています。「AT&TとIBMはネットワーク対応の全く新しいクラウドサービスを提供します。これは、AT&Tのグローバル・ネットワークのセキュリティとスピードを、IBMの企業向けクラウドの運用管理サービスに組み合わせることによって実現しました。企業はイノベーションと新たな価値を生み出すことができるようになります。その結果、各企業のビジネスだけでなく、業界全体が劇的に変わるでしょう。」

このクラウドサービスは主として、IBM Infrastructure-as-a-Serviceを基幹業務系企業のワークロードに合わせて最適化したIBM SmartCloud Enterprise+で構成されています。これはマネージドクラウド環境そしてホスティッドクラウド環境として、専用の物理的なサーバやストレージといったプライベートクラウドの多くの利点を有するだけでなく、パブリッククラウドの利点である柔軟性や拡張性も備えています。この新しいサービスを利用することによって、IBM SmartCloud Enterprise+の安全で広範なマネージドサービスにアクセスすることが可能となり、パブリッククラウドとプライベートクラウド両方のクラウド・モデルで業務を行えます。

IBM Global Technology Servicesのシニアバイスプレジデント Erich Clementi氏は次のように述べています。「クラウドの安全性や管理の簡便性、そしてクラウドが自社ビジネス戦略の重要な部分を占めるという認識が高まれば、クラウドは単なるインフラストラクチャーだけでなく、イノベーションのツールとして急速に利用が拡大するでしょう。クラウド・コンピューティングの2大リーダーが提供するこの新しいサービスは、大企業がクラウドという革新的パワーを導入するきっかけになると確信しています。」

この新しいクラウドサービスには次のような機能があります。

  • 企業の個別ニーズに対応する多様なカスタム化オプション
  • 応答時間と可用性を保証する、業務と用途に合ったサービス品質保証契約(SLA)
  • 70以上の自動化されたビルトイン型セキュリティ機能
  • 顧客のVPNに認証された有線・無線デバイスまでカバーする高度なセキュリティ

現在、AT&Tはフォーチュン1000社すべてにサービスを提供しています。

契約の財政的条件は公開されていません。

* AT&Tの製品およびサービスは、AT&Tブランドのもと、AT&T Inc.の子会社および関連会社から提供または供給されるもので、AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で通信事業を展開している持株会社で、世界で最も表彰されている企業の一社です。同社のグループ企業はAT&Tブランドのもとで各種サービスを展開しています。AT&Tは、全米最速の携帯ブロードバンド・ネットワークを保有し、無線通信、Wi-Fi、高速インターネット接続、音声通信、およびクラウド型サービスのリーディング企業です。また、無線ブロードバンドおよび台頭しつつある第四世代の通信技術のリーダーであるとともに、米国の通信事業者で世界最大の通信カバレッジと世界最大の通信サービスを提供しています。また同社 はAT&T U-verse®およびAT&T | DIRECTVブランドを通し、業界最先端のTVサービスも提供しております。

AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細についてはAT&T Web Siteをご覧ください。AT&Tの本リリースその他の発表は AT&T Newsroomでご覧いただけます。またRSSフィードの一部はAT&T RSS Feedから取得できます。Twitterでは、Twitter @ATTを フォローすると当社のニュースがご覧いただけます。

© 2012 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. 4G not available everywhere. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies.

IBMクラウド・コンピューティングについて
IBMは何千社ものお客様企業によるクラウド・モデルの導入を支援し、毎日何百万ものクラウド・トランザクションを管理しています。IBMは銀行、通信、医療、政府などの幅広い業界の機関が独自のクラウド環境を構築、あるいはIBMのクラウドを活用したビジネス・サービスやインフラストラクチャー・サービスを導入できるように支援しています。IBMはさまざまなクラウド・テクノロジーや豊富な処理知識を結集し、幅広いクラウド・ソリューション・ポートフォリオや世界的なクラウド・センター・ネットワークを通じて、ユニークなクラウド・ソリューションを提供しています。IBMのクラウド・ソリューションに関する詳細についてはこちらをご覧ください。www.ibm.com/smartcloud(US) Twitterの専用アカウントはこちらです。(@ibmcloud)

IBMクラウドに関するブログはこちらです。 www.thoughtsoncloud.com

将来予測に関する記載についての注意事項
このニュースリリースに記載されている情報には、各種リスクおよび不確定要素の影響を受ける財務予測およびその他の将来予測に関する記載が含まれており、実際の業績がこれと大幅に異なったものとなる可能性があります。将来的な業績に影響を及ぼす可能性のある要因についての考察は、証券取引委員会への AT&T の提出書類 に記載されています。AT&T は、このニュースリリースの記載について、新たな情報またはその他の事項に基づいて更新および改訂を行う義務を負わないものとします。

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン株式会社 広報部
(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当: 吉田 直人 / 秋元 由梨
TEL: 03-6204-4364 Fax: 03-6204-4302
E-mail: naoto.yoshida@fleishman.com / yuri.akimoto@fleishman.com