プレスリリース

AT&T Mobile Security-法人向けサービスとして提供開始

~新機能を拡充し、総合的モバイル・セキュリティ・ソリューションを強化~

【2012 年 9 月 25 日 米国テキサス州、ダラス発】 新しい世代の従業員にとって、いつでもどこ でもバーチャルにつながることのできる環境は、今や当たり前になっています。これに伴い、最高 情報責任者(CIO)は今後さらに機密情報を保護し、政府の規制を遵守する必要に迫られていま す。AT&T は本日、AT&T Mobile Security を提供開始すると発表しました。これは、モバイル・セ キュリティおよびモバイル・エンタープライズ管理といった AT&T の製品ポートフォリオを強化する、 法人向けの新たなソリューションです。

AT&T Mobile Security は、デバイスレベルのセキュリティ、アプリケーション保護、モバイルデバ イス管理(Mobile Device Management, MDM)機能、ネットワークベースのセキュリティ制御、 暗号化トランスポート機能を提供します。また、特定の通信事業者に縛られず、複数のモバイ ル・オペレーティングシステムで利用することができます。

AT&T 最高セキュリティ責任者 Ed Amoroso は次のように述べています。「PC を基盤としてい た時代から、私たちはデバイスレベルの保護だけではモバイル環境の安全を確保できないこと を学んできました。セキュリティへの効果的なアプローチは、脅威が企業内に入り込む前に、検 出できるようネットワークレベルで可視化を図ることが有効です。そうすることで、お客様は安全 にビジネス上でモバイル・ソリューションを活用することができます。」

情報セキュリティ調査を行っている Ponemon Institute 社1によると、調査対象企業の 50%以上 で過去 1 年間に情報漏えいがあり、59%もの企業がモバイル機器のセキュリティ対策が万全で なかったことが原因でマルウェアに感染したことがあると回答しています。

モバイル・セキュリティへの重層的なアプローチ

セキュリティおよびモビリティ管理への AT&T による重層的なアプローチは、デバイスレベルおよ びネットワークレベルでの脅威検出、アプリケーション制御、安全なモバイル VPN など、ワイヤレ ス環境全般にわたって徹底した保護を企業に提供します。

IDC 社のエンタープライズ・モビリティ担当シニアアナリスト Stacy Crook 氏は次のように語って います。「他社と比較した AT&T の主な差別化要因は、ネットワーク・セキュリティに関する深い専 門知識と、Enterprise Managed Mobility への総体的アプローチにあります。AT&T の製品ポート フォリオにモバイル・セキュリティを加えることは論理的かつ適切な次のステップであり、今日のビ ジネスにおいてモバイル環境を保護するために必要なソリューションになると言えます。」

また、Current Analysis 社のエンタープライズ・モビリティ担当主席アナリスト Kitty Weldon 氏は 次のように話しています。「AT&T Mobile Security は独自性をもったソリューションです。デバイ スレベルとネットワークインフラ内での保護について、これほど総合的なソリューションを考案した 通信事業者や IT サービス・プロバイダーは他にありません。」

AT&T は、モバイル・ソリューションの設計、統合、運用をサポートする専門知識を活用し、デバイ ス、アプリケーション、プラットフォーム、サポート・管理サービス、ネットワークサービス、クラウド・ ソリューション、ライフサイクル管理のためにカスタマイズされたソリューションを提供します。

AT&T のセキュリティおよびモバイル・ソリューションに関する製品ポートフォリオには次のような ものが含まれます。

  • AT&T Mobile Security: デバイスとネットワークの保護およびモバイルデバイス管理 (MDM)を行います。Juniper Networks の「Junos Pulse」ソフトウェアを用いて、ウィル ス、マルウェア、悪意のあるアプリケーションから保護します。ネットワーク機能により、プラ イベートトンネルや暗号化トンネルを通して企業資産に安全にアクセスできると同時に、ボッ トネット感染や悪意のあるウェブサイト、情報漏えいから保護します。
  • AT&T Toggle: BYOD(私的デバイスの業務使用)のための統合セキュリティ・ワークスペ ース管理。「業務」モードでは端末の完全な可視化と制御を提供し、私的な部分ではプライ バシーを保護します。
  • モバイルデバイス管理(MDM): リモートロケーション、ロック、リモートワイプ、バックアップ、 リストアなどの遠隔サービスを含むデバイス管理機能により、紛失・盗難に伴うリスクを軽減 します。ユーザーは AT&T Mobile Security や他の AT&T MDM ソリューションを用いて複数 のオプションにアクセスすることができます。
  • モバイル・アプリケーション管理: ブランデッドチャンネル、管理ポータル、報告ツールによ るクロス・プラットフォーム・アプリケーションの配布など、アプリケーション・ライフサイクル管 理。
  • モビリティ・ソリューション・サービス: エンドツーエンド・ソリューションを設計、構築、サポー ト、管理する専門的なモビリティ・サービス。

AT&T Mobile Security に関する情報は、www.att.com/security をご覧ください。

1 Ponemon Institute Researc hReport: Global Study on Mobility Risks www.websense.com/content/ponemon-institute-research-report-2012.aspx

* AT&T の製品およびサービスは、AT&T ブランドのもと、AT&T Inc.の子会社および関連会社から提供または供給されるもので、AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

AT&T について
AT&T Inc.は、米国内および全世界で通信事業を展開している持株会社で、世界で最も表彰されている企業の 一社です。同社のグループ企業は AT&T ブランドのもとで各種サービスを展開しています。AT&T は、全米最速の携帯ブロードバンド・ネットワークを保有し、無線通信、Wi-Fi、高速インターネット接続、音声通信、およびクラ ウド型サービスのリーディング企業です。また、無線ブロードバンドおよび台頭しつつある第四世代の通信技術 のリーダーであるとともに、米国の通信事業者で世界最大の通信カバレッジと世界最大の通信サービスを提供し ています。また同社 は AT&T U-verse®および AT&T | DIRECTV ブランドを通し、業界最先端の TV サービスも 提供しております。

AT&T Inc.ならびに AT&T の提供するサービスの詳細については AT&T Web Site をご覧ください。AT&T の本リ リースその他の発表は AT&T Newsroom でご覧いただけます。また RSS フィードの一部は AT&T RSS Feed から取得できます。Twitter では、Twitter @ATT を フォローすると当社のニュースがご覧いただけます。

© 2012 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. 4G not available everywhere. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies.

この件に関するお問い合わせ先
AT&T ジャパン株式会社 広報部
(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当:吉田 直人/秋元由梨
TEL: 03-6204-4364 Fax: 03-6204-4302
E-mail: naoto.yoshida@fleishman.com / yuri.akimoto@fleishman.com