プレスリリース

AT&T、ブラザー工業のグローバル・ネットワークを再統合し、経営効率の 向上に貢献

~AT&T のグローバルVPNサービスで、ブラザー工業のさらなるグローバル展開を支援~

【2012年8月29日 東京発】 AT&Tジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡学、 以下「AT&Tジャパン」)は、このたび、ブラザー工業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社 長:小池 利和、以下「ブラザー工業」)のグローバル・ネットワーク再統合に関する契約を締結しました。 ブラザー工業は、プリンターや複合機などの情報機器を中心に、ミシンや工作機械、通信カラオケなど 幅広いビジネスを展開しています。44の国と地域に17の生産拠点と52の販売拠点を持ち、“At your side.”の精神で世界中のお客様に製品やサービスを提供しています。

背景: ブラザー工業のコミュニケーション・ネットワークは地域ごとに分かれており、グローバルな事業 の全体像を掴むことが簡単ではありませんでした。そのため、世界各国の事業活動やサプライ・チェー ンをタイムリーに把握することが本社の課題の一つでした。

ブラザー工業のソリューション: AT&Tはこれまで、ブラザー工業の米国内ネットワーキング・コミュニ ケーションのマネージメントを支援し、重要なビジネス・アプリケーションをサポートしてきました。この経 験がブラザー工業とAT&Tとの関係拡大につながりました。

ブラザー工業とAT&Tは、3年間で数百万米ドルに及ぶグローバル仮想プライベートネットワーク (VPN)サービス契約を締結しました。その第一段階として、AT&Tの高度なコミュニケーション・サービ スとアプリケーションを活用し、2011年に北米および欧州の42事業所への接続を完了しています。第 二段階として、アジア太平洋地域の6事業所への接続を完了しました。

AT&TのグローバルVPNサービスは、以下のメリットを提供します。

  • ネットワーク・インフラの機能・仕様・運用を標準化することができます。
  • 複雑な運用管理プロセスを簡素化し、柔軟性と拡張性を確保することにより、ビジネス環境の変化にスピーディに対応したIT戦略を実行することができます。
  • グローバルで統一したAT&Tのネットワーク・インフラストラクチャーに統一することで、通信を円滑 にすることができます。
  • リージョン(地域)毎に閉じられたネットワークをグローバルに統一することによって、コストを削減 することができます。

ブラザー工業常務執行役員 長谷川 友之氏は次のように述べています。「当社はお客様を第一に考え、 高品質の製品とサービスを迅速に提供することで、お客様に最高の価値を届けることに努めています。 AT&T のソリューションを採用することで、当社はネットワーク・システムをグローバルで標準化し、必要 なネットワーク帯域を、リーズナブルなコストで手にすることができました。AT&T のグローバル・コミュ ニケーション・プラットフォームは、当社のグローバルビジネス戦略を実現していく上で大きく貢献してく れるものと確信しています。」

また、AT&Tジャパン代表取締役社長 岡 学は次のように述べています。「ブラザー工業様は業界でも いち早く世界に進出し、現在では世界44カ国で事業を展開されています。AT&Tの最大の強みは、世 界180カ国以上で統一された高品質なサービスが提供できる点にあり、今後も激しく変化するであろう ビジネス環境に柔軟に対応できるグローバルITインフラを提供できます。ブラザー工業様が注力される アジア、中南米といった新興国においても、先進国と変わらぬネットワーク環境とサポート体制を提供 することができます。当社の安定したネットワーク基盤と革新的なアプリケーション・ソリューションで、ブ ラザー工業様のさらなるグローバル展開をサポートしてまいります。」

*AT&Tの製品、ならびにサービスは、AT&Tブランドのもと、AT&T Inc.ではなく、AT&Tの子会社や関連会社が提供するもの です。

AT&Tについて
AT&T Inc. (NYSE:T)は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業の持株会社です。同社のグループ企 業はAT&Tブランドのもとで各種サービスを展開しています。AT&Tは、全米最速の携帯ブロードバンド・ネットワ ークを保有し、無線通信、Wi-Fi、高速インターネット接続、音声通信、およびクラウド型サービスのリーディング企 業です。また、無線ブロードバンドおよび台頭しつつある第四世代の通信技術のリーダーであるとともに、米国の 通信事業者で世界最大の通信カバレッジおよび通信サービスを提供しています。また同社はAT&T U-verse®お よびAT&T | DIRECTVブランドを通し、業界最先端のTVサービスも提供しております。

AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細についてはAT&T Web Siteをご覧ください。AT&Tの本リリ ースならびにその他の発表はAT&T Newsroomでご覧いただけます。またRSSフィードの一部はAT&T RSS Feedから取得できます。Twitterでは、Twitter @ATTをフォローすると当社のニュースがご覧いただけます。

© 2012 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. Mobile broadband not available in all areas. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners.

将来予測に関する記載についての注意事項
このニュースリリースに記載されている情報には、各種リスクおよび不確定要素の影響を受ける財務予測および その他の将来予測に関する記載が含まれており、実際の業績がこれと大幅に異なったものとなる可能性があり ます。将来的な業績に影響を及ぼす可能性のある要因についての考察は、証券取引委員会への AT&T の提出 書類 に記載されています。AT&T は、このニュースリリースの記載について、新たな情報またはその他の事項に 基づい て更新および改訂を行う義務を負わないものとします。

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン株式会社 広報部
(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当: 吉田 直人/秋元 由梨
Tel:03-6204-4364 Fax: 03-6204-4302
E-mail: naoto.yoshida@fleishman.com / yuri.akimoto@fleishman.com