プレスリリース

AT&T、日東電工のグローバル・ネットワークを構築

~世界100ヶ所を超える拠点を統合。グローバル・ネットワーク上でマネージド型アプリケーションの導入を開始し、全社レベルでの業務効率化を実現~

 

【2010年10月4日】

AT&Tジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡学、以下「AT&Tジャパン」)は本日、日東電工株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:柳楽幸雄、以下「日東電工」)の世界100ヶ所を超えるグローバル・ネットワークの統合と、グローバル・ネットワーク上でのマネージド型アプリケーションの導入が完了したことを発表します。これにより日東電工は、全社レベルでの業務効率化と生産性の向上を実現しました。

1918年の創業以来、化学業界をリードしてきた日東電工は、グローバルで事業拠点が追加となるたびに個別にネットワーク拡張を続けてきており、グローバルでのネットワークの統合運用管理やセキュリティ対策が必須となっていました。そのため、これからのグローバル規模での更なる事業拡大や業務効率化を目的とし、"グローバルで戦えるIT基盤作り"を掲げ、その構築を進めてきました。

AT&Tジャパンは、これまで部分最適であった日東電工のネットワークをAT&Tの国際IP-VPNへ統合することで、総帯域で約9倍のネットワークの高速化を実現しました。加えて、インターネットへのゲートウェイ機能をアメリカ、アジアのAT&Tの4データセンターとヨーロッパの日東電工のデータセンター(フェーズ2でAT&Tのデータセンターに統合予定)に集約することで、グローバル規模での強固なセキュリティ対策を完了しました。また、今回構築したIT基盤には、グローバルでのリモートアクセス基盤の整備も含まれており、現在は、統合前の約2.5倍に当たる1,000人を超える社員が全世界で快適なモバイルアクセスを利用し効率的に業務にあたっています。更には、このグローバルIT基盤上でマネージド型テレビ会議アプリケーションを利用することで、各拠点間の社員同士のコラボレーション促進も進んでいます。このグローバルIT基盤の安定運用のため、AT&Tジャパンでは、バイリンガルのネットワークエンジニアを日東電工に常駐させAT&Tのグローバルヘルプデスクと常に連携することで、日本を拠点に統一したルールで24時間365日の運用体制を整備しています。

日東電工でIT部門を統括する神崎正巳執行役員・CIOは、「今回構築したグローバル・ネットワークは、グローバルで共通したアプリケーションを導入するための土台であり、同ネットワーク上にこれから各種アプリケーションの導入を進めていきます。また、IT部門としては、快適・安心・柔軟なネットワーク環境を社員に提供することで、業務効率の改善を支援していきます。グローバルで統合された運用管理が可能となったことから、日本のIT部門の運用改善、現地IT担当者との人間関係の構築、運用ルールの徹底などの間接的な効果も認められました。今後も、グローバルな事業拡大をしっかりとサポートしていける強いIT部門を育てていきたいと考えています」と語っています。

AT&Tアジア太平洋地域バイスプレジデントであるBernard Yeeは、「日東電工は、弊社のグローバル・ネットワークを採用頂いた最新の日本のお客様です。弊社の最大の強みは、日東電工に代表されるグローバル企業に、世界有数の信頼性の高いコネクティビィとアプリケーションをシームレスに"グローバルに"提供することです。今回は弊社のグローバルカバレッジと、グローバルで一貫したサービス提供力が評価され、パートナーに選定されました。弊社は、全世界の日東電工の従業員、パートナー、サプライヤーをネットワークで結びつけるとともに、日東電工の急速に拡大する事業を支援するための様々なネットワーク・サービスを引き続き提供していきます。」と語っています。

現在は、フェーズ2として、今回のグローバル・ネットワークに未統合のヨーロッパの複数拠点の接続と、AT&Tのアムステルダムへのスーパー・データセンターへの移行が進んでおり、2011年2月に完了を予定しています。フェーズ2が完了することで、日東電工の海外の全拠点がグローバルIT基盤に統合され、データセンターもAT&Tに集約されます。

* AT&Tの製品およびサービスは、AT&T ブランドのもと、AT&T Inc. の子会社および関連会社から提供または供給されるものであり、AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

日東電工株式会社について

日東電工グループは、1918年の創業以来、社会や環境、お客様の変化をスピーディーに捉え、基幹技術である粘着技術や塗工技術など様々な技術を複合化させながら進化。シートやフィルムに様々な機能を付加し、世界27の国と地域でエレクトロニクスから自動車、環境及び医療関連などエリアや事業領域にこだわることなく、"Flexible Technology Company"として幅広く事業を展開。本社を大阪市に置き、グループ従業員は約31,000人、グループ会社110社を有し、グローバルに製品を提供。 詳細はhttp://www.nitto.co.jp/をご覧ください。

AT&Tジャパンについて

1999年(平成11年)12月に設立、本社は東京都港区。グローバル・ネットワーク基盤を活用した企業向けのデータ・ネットワーク・サービスおよびインターネット接続サービスなどのネットワーク・コネクティビティ・サービスを核としてビジネスを展開。企業ネットワークの設計・構築・運用・保守までを一括して提供するネットワーク・インテグレーション・サービスや、上記分野の戦略的コンサルティングまでを含む総合ネットワーク・サービスの提供も展開。代表取締役社長:岡学(おか まなぶ)、資本金4.9億円。詳細についてはhttp://www.corp.att.com/jp/ をご覧ください。

©2010 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. Mobile broadband not available in all areas. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners.

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先:

AT&Tジャパン広報部

(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当: 堀高暢

TEL: 03-6204-4319 FAX: 03-6204-4302
E-mail: takanobu.hori@fleishman.com

Back to page Top