プレスリリース

AT&Tジャパン、住友化学のグローバル・ネットワークを再構築
~ 住友化学のグローバルな経営基盤を支えるパートナーとして、ITインフラの全体最適とガバナンスの強化をグローバルに支援 ~

2009年6月23日

AT&Tジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:岩澤利典、以下「AT&Tジャパン」)は本日、総合化学大手の住友 化学株式会社(以下「住友化学」)のグローバル・ネットワーク再構築のフェーズ1が完了し、2009年6月より世界28カ所のネットワークが本格稼動した ことを発表します。

住友化学は基礎化学、石油化学、精密化学、情報電子化学、農業化学、医薬品の6事業分野において、長年にわたって培われてきた幅広い技術にもとづく 高付加価値製品を、世界の市場に提供しています。同社は、グローバル化を重要な経営課題の一つと位置づけ、サウジアラビアにおける世界最大級の石油精製・ 石油化学統合コンプレックス事業計画(ラービグ計画)を始めとする多様な国際事業に取り組んでいます。そうしたグローバルな事業展開を支える経営基盤強化 の一環として、これまで各地域や各国単位で別々に構築されてきたITインフラを再構築し、グローバルに統一して全体最適化を図ることが求められていまし た。

ITインフラの再構築を進める住友化学にとって、中東、東南アジア、中国もカバーする広範なグローバルカバレッジ、グローバルで同質のサービス品質 やサポートを提供できる力、グローバルで一貫したアプリケーションを提供できるソリューション力は不可欠でした。AT&Tジャパンが住友化学のグ ローバル・パートナーとして選定されたのは、この3つすべてを有する点が評価されたものです。

今回のプロジェクトのフェーズ1として、AT&Tジャパンはこれまで部分的に接続されていた北米、欧州、アジアを含む世界28カ所のネット ワークを、全てAT&Tの国際IP-VPNネットワーク(EVPN)に統合しました。加えて、同ネットワークへのリモート・アクセス (ANIRA)、およびAT&TのEVPN経由で提供されるクラウド型のセキュリティサービスであるNetwork-based FirewallとWeb Securityも提供しています。また、中国国内においては、10カ所の拠点を結ぶ安定的なネットワークを構築し、その運用も支援しています。

今回の再構築により住友化学は、グローバルで統一された信頼性の高いITインフラ上で共通の業務アプリケーションやコミュニケーションツールを利用 できるようになり、経営のスピードアップや生産性の向上、TCOの削減などが可能になり、経営基盤の強化につながります。両社は今後、中東を含むグローバ ル・ネットワークの拡充や新規サービスの導入などを含む次のフェーズへ向けて取り組みを拡大していく予定です。

住友化学の下田尚志技術・経営企画室担当常務執行役員は、「グローバルでの事業拡大を強化する当社にとって、今回のグローバル・ネットワーク再構築 は経営基盤を強化する上で必須の取り組みでした。当社はAT&Tというグローバル・パートナーを得たことで、彼らのノウハウや実績を最大限活用し プロジェクトを効果的に進めることができました。今後はグローバルで共通の業務アプリケーションを再構築したネットワーク上で稼働させることで、業務の改 善や生産性の向上などを実現し連結経営の強化を積極的に進めていきます」と語っています。

AT&Tジャパンの岩澤利典代表取締役社長は、「今回の再構築は、当社のグローバルカバレッジはもとより、グローバルで一貫したプロジェク トマネージメント力、および運用体制、さらに長年にわたりグローバル企業のITインフラを構築してきた実績が評価された結果と理解しています。 AT&Tは、2009年も昨年に引き続きグローバル・ネットワーク拡充へ10億米ドルの投資をする予定です。当社は、この世界最大のグローバル・ リソースを活用して、住友化学のような日系グローバル企業の事業戦略達成をサポートしていきます」と語っています。



###

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
住友化学HP

AT&Tジャパン Web Site

AT&T (グローバル)

AT&T EVPNサービス

AT&T ウェブ・セキュリティー・サービス(AWS)

Related Releases: Related Fact Sheets:
AT&Tグローバル・ネットワークに10億米ドル投資





* AT&Tの製品およびサービスは、AT&T ブランドのもと、AT&T Inc. の子会社および関連会社から提供または供給されるもので、AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

将来予測に関する記載についての注意事項
このニュースリリースに記載されている情報には、各種リスクおよび不確定要素の影響を受ける財務予測およびその他の将来予測に関する記載が含まれており、 実際の業績がこれと大幅に異なったものとなる可能性があります。将来的な業績に影響を及ぼす可能性のある要因についての考察は、証券取引委員会への AT&Tの提出書類に記載されています。AT&Tは、このニュースリリースの記載について、新たな情報またはその他の事項に基づいて更新 または改訂を行う義務を負わないものとします。

住友化学について
1913年(大正2年)創業。本社は東京都中央区。基礎化学、石油化学、精密化学、情報電子化学、医薬品の6つの部門で幅広い化学製品をグローバルに供給。代表取締役社長廣瀨博、従業員約26,900人(連結)、資本金約897億円。詳細については、http://www.sumitomo-chem.co.jp をご覧ください。

AT&Tジャパンについて
1999年(平成11年)12月に設立、本社は東京都港区。企業ネットワークの設計から運用、構築、保守まで一括して提供するネットワーク・アウトソーシ ング・サービスを核としてビジネスを展開。また企業向け、個人向けにデータ・ネットワーク・サービス及びインターネット接続サービス等のネットワーク・コ ネクティビティ・サービスも展開。代表取締役社長岩澤 利典、従業員約370名、資本金4.9億円。詳細についてはhttp://www.jp.att.com をご覧ください。



© 2009 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies.
この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) 堀
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:takanobu.hori@fleishman.com

Back to Page Top