プレスリリース

AT&T、アジア太平洋地域の企業に恩恵をもたらすべく、2009年に10億ドルを投資
~ オンデマンド・ネットワーク・アプリケーションの提供と管理を推進 ~

2009年3月18日

AT&T* は本日、2009年に約10億米ドルを投資し、アジア太平洋地域の多国籍企業など、法人顧客向けネットワークベースのサービスおよびソリューションのポー トフォリオを引き続き拡充していく計画を発表しました。今回の投資は、高速通信回線とモバイル機器が世界中に普及したことでもたらされる企業向けアプリ ケーションの需要が継続的に伸びていることから決定されました。アジア太平洋地域におけるAT&Tの事業では、企業経営を成功させるために必要な 「時と場所を問わない」システム、サプライヤー、顧客、従業員へのアクセスを求める企業の声に応えて、ネットワーク・インフラ、サービス、サポートを大幅 に強化していきます。

アジア太平洋地域におけるネットワークベースのサービスとアプリケーションの今年の主なプログラムは以下のとおりです。

  • 中国国内のサービスプロバイダーと協力したAT&Tテレプレゼンス・サービスの提供開始
  • 中国、インド、フィリピン、タイ、マレーシアにおけるマネージドIPテレフォニーおよびLANサービスの導入
  • 香港および東京のデータセンターのホスティング能力拡大
  • 先頃発表したシンガポールのスーパーIDC(インターネット・データセンター)におけるAT&T Synaptic Hostingsm プラットフォームの拡張

これに加えて、インドや中国を含む高成長地域でAT&Tインテリジェント・コンテンツ配信サービスを強化します。また、既存のサービス対象国/地域である日本、香港、中国、台湾における処理能力の拡大も計画されています。

今回の計画では、ネットワークをグローバルに拡大し続けていくために、アラスカ/オーストラリア/アジア太平洋地域/インド/プエルトリコおよびカリブ海/ヨーロッパへの大西洋横断ルートといった地域で、新たな光ファイバー海底ケーブルの敷設を進めます。

2009年3月よりAT&Tジャパン代表取締役社長に就任した岩澤利典は、「AT&Tでは、比類のなき高品質のコネクティビティを 全世界の企業に提供することに全力を注いでいます。日本を含むアジア太平洋地域は引き続き大きな可能性を秘めており、重点を置く地域のひとつです。 AT&Tは、全世界のインフラと日本を含むアジア太平洋地域とのつながりを強化するための計画を拡大しています。AT&Tジャパンは、グ ローバル・コンバージェンス、ネットワークの強化、および先進的なソリューションをお客様に提供することで、お客様がグローバルの最前線で活躍できるよう に支援していきます」と述べています。



###

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
AT&T Web Site

AT&T Enterprise Services

AT&T Telepresence Solution

AT&T's Internet Protocol Virtual Private Network

AT&T's Global Network

AT&T BusinessDirect

Mobility Solutions for Businesses

AT&T Synaptic Hosting

AT&T Enterprise Hosting Services

Related Releases: Related Fact Sheets:
AT&T Business Solutions Positioned in Analyst Firm's Leaders Quadrant for Global Network Service Providers

Business Solutions Completes Fourth Quarter with New Features for the AT&T Telepresence Solution and Moves to Expand Its Wi-Fi Capabilities through the Company's Wayport Acquisition

AT&T VPN Snapshot

AT&T Global Network Facts
* AT&Tの製品およびサービスは、AT&T ブランドのもと、AT&T Inc. の子会社および関連会社から提供または供給されるもので、AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

将来予測に関する記載についての注意事項
このニュースリリースに記載されている情報には、各種リスクおよび不確定要素の影響を受ける財務予測およびその他の将来予測に関する記載が含まれており、 実際の業績がこれと大幅に異なったものとなる可能性があります。将来的な業績に影響を及ぼす可能性のある要因についての考察は、証券取引委員会への AT&Tの提出書類に記載されています。AT&Tは、このニュースリリースの記載について、新たな情報またはその他の事項に基づいて更新 または改訂を行う義務を負わないものとします。

AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業の持株会社です。同社のグループ企業はAT&Tブランドのもとで各種サービスを展開して います。AT&Tは、企業向けIP通信サービスで世界的なリーダーであるだけでなく、全米最速の3Gネットワークと世界に広がる最大規模の携帯電 話のエリアカバー、さらに米国内でもトップクラスの高速インターネット接続、地域・長距離音声通信を提供しています。また同社は、Yellow PagesやYELLOWPAGES.COMを通じた電話帳出版と関連広告サービスの分野においても知られており、同社のブランドは、通信機器の革新的な 事業者に使用許可されています。AT&Tのグループ企業では、『3スクリーン統合戦略』の一環として、ビデオ・エンターテイメント・サービスの提 供を拡充しています。AT&Tは2009年に、『フォーチュン』誌の「世界で最も賞賛される企業(World's Most Admired Companies)」ランキングで、再度第1位に選ばれました。AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細については、www.att.com をご覧ください。



© 2009 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies
この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) 堀・能村
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:attjppr@fleishman.com
先頭に戻る'