プレスリリース

AT&T、インド初のデータセンターを開設
~インドの多国籍企業のお客様を支援するコミットメントを顕著に~

2008年12月12日

【2008年12月11日 インド・バンガロール発】AT&T Inc.(NYSE:T)は12月11日、インドでAT&Tにとって初となるデータセンターをバンガロールに開設したと発表しました。今回のデータセンターの新規開設は、レジリエントの高い(障害などの回復力に富む)設備と幅広いITインフラ管理サービスを備え、優れた顧客サービスに支えられたデータセンターを求めるインドの多国籍企業のお客様の増加する要望に対応するものです。

バンガロールの新しいデータセンター施設は、AT&Tがグローバルなネットワークおよびサービス・ポートフォリオに10億ドルを投資すると発表した2008年度計画の一環をなすものです。データセンターのお客様は、全面統合された多彩なAT&Tのマネージド・ホスティング、アプリケーションおよびネットワーク・サービスを利用して、データ処理やEコマースの需要に対応することができます。センターまでの接続は、インドにおけるAT&Tの既存のマネージド・データサービスでサポートが可能です。

新しいデータセンターは、他地域のAT&Tグローバル・データセンターと同様の厳格な仕様に沿って設計されており、お客様のホスティング・ソリューションを能動的に管理するサービスにより、予測可能なアプリケーション性能を提供します。当データセンターは他のAT&Tデータセンターと同様、マルチレイヤーのセキュリティ、フェイルセーフの冗長性、障害時の迂回対策、迅速な回復対応によって不正侵入や障害を防止しています。

AT&Tグローバル・ネットワーク・サービス・インディアの会長兼CEOのゴーピ・ゴピナス(Gopi Gopinath)は、「バンガロールの新しいデータセンターは、急速に拡大しているインドの通信業界に対するAT&Tのコミットメントを顕著に示すとともに、この市場で需要が急増していることを浮き彫りにするものです。アジア太平洋地域におけるホスティング施設の一層の拡充を通じて、AT&Tは、統合ホスティングやネットワーク・ソリューションをAT&Tに任せることで自社の本来の事業運営に集中したいと考えるインドの多国籍企業のお客様を支援することが可能になるでしょう。」と述べています。

新しいデータセンターは、AT&TのグローバルMPLSバックボーンと直接接続され、圧倒的なネットワーク機能と性能を備えた豊富なホスティング・ソリューションのポートフォリオを提供します。その例として、IT環境にリアルタイムで変更を加える際のさらなる機敏性、アプリケーションをお客様の構内や他社データセンターへと拡大する際のコントロール性の向上、ネットワーク経由でお客様にソリューションを提供する能力などが挙げられます。

またAT&Tは、サーバー仮想化、アプリケーション高速化、特許出願中のビジュアル・マネージメント・ツールなど、ネットワーク・サービスに統合された技術の活用を通じて、ホスティングのお客様に一層の効率性を実現するさまざまな機能を提供します。これらのサービスによってAT&Tは、アプリケーションのライフサイクル全体を通じてホスティング・ソリューションを提供できるようになります。

バンガロールのデータセンター開設は、インドおよびアジアでホスティングの提供範囲を拡大していく上で、AT&Tが達成した最新のマイルストーンです。AT&Tは先ごろ、アジアの法人顧客に対してシンガポールに新設された初の「スーパーIDC」を通じて次世代ユーティリティ・コンピューティング・サービスの提供を開始すると発表しました。スーパーIDCは、AT&T Synaptic HostingSMを提供するための地域ゲートウェイとして機能します。AT&T Synaptic Hostingプラットフォームは、お客様がコンピューターの能力、帯域幅、ストレージ空間を必要に応じて追加し、ネットワーク・クラウドが提供するアプリケーションやサービスを使えるようにする仮想インフラを作り出します。このプラットフォームによってお客様は、使用した分だけの料金を支払いながら、一方でキャパシティを調整することが可能になります。

このほかにも、同時に4カ所のスーパーIDCが開設されました。うち1カ所はヨーロッパのハブとなるオランダのアムステルダムで、残りの3カ所は米国内にあります。

AT&Tは合弁会社であるAT&Tグローバル・ネットワーク・サービス・インディア(AT&T Global Network Services India、以下AT&Tインド)を通じて、2006年10月にグローバルな通信事業者として初めて、インドにおける国内長距離および国際長距離通信の事業者免許を取得しました。AT&Tインドは2007年から商用サービスの提供を開始しており、世界中のAT&Tのお客様が享受しているのと同水準の通信サービスを、インドで事業を展開しているグローバルなお客様に提供する能力を備えています。インドにおける通信サービスの需要急増に重点的に取り組むため、AT&Tは2007年11月にインドを独立した地域事業に定めました。



###

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
AT&T Web Site

AT&T Enterprise Services

AT&T Internet Data Centre Virtual Tour

Interactive Global Network Map

AT&T Synaptic Hosting

AT&T Enterprise Hosting Services

AT&T Application Acceleration

Related Releases: Related Fact Sheets:
AT&T Announces First Super Internet Data Centre in Asia

AT&T Hosting Service Fact Sheet

White Paper: Thinking About Enabling Convergence - Optimizing Application Performance

AT&T Global Network Facts

Technorati Tags:  AT&T, application hosting services, Web application hosting, enterprise hosting, enterprise data centres,



AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業持株会社であり、AT&Tブランドのもとで、各種事業を展開するAT&Tグループ企業が活動しています。AT&Tは、企業向けIP通信サービスで世界的なリーダーであるだけでなく、携帯電話、高速インターネット接続、地域・長距離音声通信、Yellow PagesやYELLOWPAGES.COMを通じた電話帳出版および関連広告サービスの分野における、米国内最大の事業者です。AT&Tは、『3スクリーン統合戦略』の一環として、AT&T U-verseSM TVなどの次世代テレビ・サービスをはじめとするビデオ・エンターテイメント・オファリングを拡充しています。AT&Tは2008年に、『フォーチュン』誌の「世界で最も賞賛される通信企業(World's Most Admired Telecommunications Company)」および「米国で最も賞賛される通信企業(America's Most Admired Telecommunications Company)」ランキングで、再度第1位に選ばれました。AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細については、www.att.com をご覧ください。



© 2008 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners.

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) 堀・野田
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:attjppr@fleishman.com
先頭に戻る'