プレスリリース

AT&T、アジアで初のスーパー・インターネット・データセンターを発表
~シンガポールに開設する地域ハブを通じて、企業向けの次世代ユーティリティ・コンピューティング・サービス、AT&T Synaptic HostingSMを提供~

2008年11月25日

【2008年11月19日 シンガポール発】AT&T Inc.(NYSE:T)は11月25日、アジア初のスーパーIDC(インターネット・データセンター)をシンガポールに開設することを発表しました。既存のAT&T施設を拡張したスーパーIDCは、次世代ユーティリティ・コンピューティング・サービスであるAT&T Synaptic HostingSMを提供するための、インターネットおよびAT&Tネットワークへの地域ゲートウェイとして機能します。

アジアにおけるスーパーIDCの開設は、AT&TのグローバルIP(インターネット・プロトコル)ネットワークにおける38カ所のデータセンターのホスティング処理能力強化を目指し、2008年にグローバルなネットワークに10億ドルの投資を行うという取り組みの一環をなすものです。他のスーパーIDCは、米国ニュージャージー州ピスカタウェイ、同・カリフォルニア州サンディエゴ、同・メリーランド州アナポリス、オランダ・アムステルダムにあり、米国とヨーロッパにおける地域ハブを形成します。

AT&Tアジア太平洋のバイスプレジデントであるバーナード・イー(Bernard Yee)は、「AT&Tは引き続きビジネス成長のために投資してお客様をサポートするとともに、次世代のサービスとソリューションに対する多国籍企業の需要に応えていきます。昨今の厳しい経済環境に置かれたお客様のお役に立つため、アジアにおける初のスーパーIDCと当社のSynaptic Hostingプラットフォームを融合し、お客様がビジネス上の要求に合わせてIT資源の規模を拡大または縮小できるよう、これまで以上に柔軟性のあるソリューションを提供します。このスーパーIDCにより当社は、IT技術とインフラ・サービスを、すぐに利用が可能なマネージド・インフラ・ソリューションとしてオンデマンドで提供できるようになります。また、ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)ソフトウェア、eコマース、Webサービス、メッセージングおよびユニファイド・コミュニケーション・サービスといった領域でマネージド・アプリケーション・サービスを提供し、アジアをはじめとした全世界のお客様に対して価値あるマネージド・サービスの提案を強化します。当社の目標は、お客様がビジネス運営に集中しながら、さらなる柔軟性、パフォーマンスの向上、コスト削減を実現できるようにすることです」と述べています。

AT&TはこのIDCによって、一貫した拡張性の高いエンタープライズ・クラスのITサービスを全世界で提供できるようになります。世界中のあらゆるデータセンターで提供しているホスティング・サービスのほか、スーパーIDCは、マネージド・ネットワーキング、仮想化セキュリティ、アプリケーションの高速化およびストレージといった他のAT&Tホスティング・サービスと組み合わせ可能な、大規模コンピューティングおよびアプリケーション・インフラをオンデマンドでサポートします。全面的にマネージされた幅広いユーティリティ・コンピューティング・サービスを提供する機能により、企業はいつでも必要なときに、エンドユーザー向けアプリケーション・インフラを従量制モデルで配信できます。この新サービスは、AT&Tがアプリケーションサービス・プロバイダー、USinternetworking(USi)社の買収によって獲得したテクノロジーを統合したものであり、世界のどこからでもアクセス可能です。

AT&T Synaptic HostingSMプラットフォームは、最先端の様々な仮想化技術を駆使した次世代ユーティリティ・コンピューティング・プラットフォームです。仮想化されたホスティング・ソリューションを供給することによって、コンピューティング資源を必要に応じて拡大または縮小させたり、AT&Tのネットワーク・クラウドの中にあるアプリケーションを使ったり、使用する分だけに支払いをしたりというようなビジネスが可能になります。AT&T Synaptic HostingSMサービスは、業界唯一のエンド・ツー・エンドな単一のSLA(サービス品質保証)に裏打ちされた個別サポートを提供します。ユーティリティ・コンピューティング機能は、業務ニーズやIT需要が季節的に変動したり、一時的であったり、予測不能である企業、あるいはエンドユーザーのIT利用急増を前提としている企業にとって最適なソリューションです。

【参考資料】
本資料は2008年11月19日(米国時間)にAT&Tが発表したリリースの抄訳です。
この件に関するお問い合わせは、AT&Tジャパン株式会社広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社) Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602までお願いいたします。リリース原文は、 http://www.att.com/gen/press-room?pid=4800&cdvn=news&newsarticleid=26327に掲載されています。



###

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
AT&T Web Site

AT&T Enterprise Services

AT&T Internet Data Center Virtual Tour

Interactive Global Network Map

AT&T Synaptic Hosting

AT&T Enterprise Hosting Services

AT&T Application Acceleration

Related Releases: Related Fact Sheets:
AT&T Launches Global 'Next-Generation' Utility Computing Service

AT&T Hosting Service Fact Sheet

White Paper: Thinking About Enabling Convergence - Optimizing Application Performance

AT&T Global Network Facts

Technorati Tags: AT&T, application hosting services, Web application hosting, enterprise hosting, enterprise data centers,



AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業持株会社であり、AT&Tブランドのもとで、各種事業を展開するAT&Tグループ企業が活動しています。AT&Tは、企業向けIP通信サービスで世界的なリーダーであるだけでなく、携帯電話、高速インターネット接続、地域・長距離音声通信、Yellow PagesやYELLOWPAGES.COMを通じた電話帳出版および関連広告サービスの分野における、米国内最大の事業者です。AT&Tは、『3スクリーン統合戦略』の一環として、AT&T U-verseSM TVなどの次世代テレビ・サービスをはじめとするビデオ・エンターテイメント・オファリングを拡充しています。AT&Tは2008年に、『フォーチュン』誌の「世界で最も賞賛される通信企業(World’s Most Admired Telecommunications Company)」および「米国で最も賞賛される通信企業(America’s Most Admired Telecommunications Company)」ランキングで、再度第1位に選ばれました。AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細については、www.att.comをご覧ください。



© 2008 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners.

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) 堀・野田
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:attjppr@fleishman.com
先頭に戻る'