プレスリリース

AT&T、グローバル・バーチャルクラスルーム・プログラムを支援
~小学生および中高校生を対象にした、共同作業によるグローバルな学習プログラム~

2008年9月12日

【2008年9月9日 米国テキサス州ダラス発】AT&T Inc.(NYSE:T)は9月10日、グローバル・バーチャルクラスルーム(GVC)プログラムの支援にあたり5万ドルを寄付すると発表しました。GVCプログラムは、共同作業を通じてチームワーク、創造性、異文化理解を養う無料のオンライン学習プロジェクトであり、全世界から集まった生徒とのコラボレーションを通じてITおよびWebサイトのデザインを学んでいきます。

Give Something Back International(GSBI)財団が後援しているGVCは今年6年目を迎えており、世界各国から集まった小学生および中学・高校生が、選択したテーマに基づいて外国の生徒とWebサイトを共同でデザインしていく中で互いに学び合うという機会を提供します。

2008-2009年のプログラムについて、GSBI財団の会長で共同設立者のジョアン・パトリック-エゼル(JoAnn Patrick-Ezzell)氏は以下のように述べています。「青少年教育に対して非常に熱心であり、人と人および人と必要な情報とを結びつけるサービスを提供しているグローバル企業であるAT&Tの支援を得て心を躍らせています。この支援は、さまざまな国から一堂に会して共同作業を行う生徒たちに恩恵をもたらすとともに、当財団がプログラムを拡大強化するためにも役立ちます。年月を重ねる中で、50カ国の500校以上から約2万9,000名の生徒と1,300名の教師がこのプログラムに参加しています。」

各GVCチームは異なる国の小学校3校、または中・高等学校3校で構成されています。チームが計画作業を終えてWebサイトをデザインすると、国際色豊かな審査団が作品を評価し、優勝者を決定します。優勝チームの学校には記念の盾と賞金が贈られ、各生徒には参加証明書が贈られます。グランプリの賞金は優勝した小学校チームに3,000ドル、中・高校チームに3,000ドルです。2位の賞金は各入賞チームに対して1,500ドル、3位は750ドルとなっています。


GVCプログラムの日程、締切、オンライン申込書などの詳細については、www.VirtualClassroom.orgから入手できます。


オンライン申込書の締め切りは9月26日で、この日を機に異なる国の3校から構成されるチームが結成され、Webサイト作成の共同作業が始まります。参加するチームは単なるWebサイト・プロジェクトの完成にとどまらず、異なる文化を持った参加者とコラボレーションします。また、異なる国の参加者との間に新たな理解や友情を築き上げていく方法を学びます。


【参考資料】
本資料は2008年9月9日(米国時間)にAT&Tが発表したリリースの抄訳です。
この件に関するお問い合わせは、AT&Tジャパン株式会社広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社) Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602までお願いいたします。リリース原文は、 http://www.att.com/gen/press-room?pid=4800&cdvn=news&newsarticleid=26066に掲載されています。



###

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
AT&T Web Site

Give Something Back International

Global Virtual Classroom Program

AT&T Foundation

AT&T Aspiren

Related Releases: Related Fact Sheets:
AT&T Makes $1 Million Contribution in Support of the National Urban League's Project Ready College Access Program

AT&T 2006 Corporate Social Responsibility Report

AT&T 2008 Corporate Citizenship Brochure

Technorati Tags: AT&T AT&T Foundation



AT&Tの社会貢献活動について
AT&T Inc.(NYSE:T)は、教育の振興、地域社会の強化、人々の生活の向上に尽力しています。AT&Tは社会貢献活動およびパートナーシップを通じて、学習機会の提供、学術および経済の振興、地域社会ニーズへの対応といったプロジェクトを支援しています。AT&Tは2007年度にAT&T、社員、AT&T財団による寄付プログラムを通じて、総額1億6,400万ドル以上の寄付を行っています。AT&Tおよび傘下の企業社会貢献組織であるAT&T財団は、全米の地域社会を対象に19億ドル以上という歴史的な規模の社会貢献活動を展開しています。

AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業持株会社であり、AT&Tブランドのもとで、各種事業を展開するAT&Tグループ企業が活動しています。AT&Tは、企業向けIP通信サービスで世界的なリーダーであるだけでなく、携帯電話、高速インターネット接続、地域・長距離音声通信、Yellow PagesやYELLOWPAGES.COMを通じた電話帳出版および関連広告サービスの分野における、米国内最大の事業者です。AT&Tは、『3スクリーン統合戦略』の一環として、AT&T U-verseSM TVなどの次世代テレビ・サービスをはじめとするビデオ・エンターテイメント・オファリングを拡充しています。AT&Tは2008年に、『フォーチュン』誌の「世界で最も賞賛される通信企業(World’s Most Admired Telecommunications Company)」および「米国で最も賞賛される通信企業(America’s Most Admired Telecommunications Company)」ランキングで、再度第1位に選ばれました。AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細については、www.att.com をご覧ください。



© 2008 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners

Note: This AT&T news release and other announcements are available as part of an RSS feed at www.att.com/rss. For more information, please review this announcement in the AT&T newsroom at http://www.att.com/newsroom
この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) 堀・野田
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:attjppr@fleishman.com
先頭に戻る'