プレスリリース

AT&T、法人向けにCisco TelePresenceをグローバルに提供する初のサービス・プロバイダーに選定
~企業のコラボレーションと生産性を向上するAT&T Telepresenceを提供~

2008年4月23日

【2008年4月21日 米国テキサス州サンアントニオ発】AT&T Inc.(NYSE:T)は本日、業界初のマネージドCisco TelePresenceソリューションをグローバルで提供する計画を発表しました。このソリューションは、企業と全世界のお客様、サプライヤーおよびパートナーを接続するものです。

今回発表した「AT&T Telepresenceソリューション」は、電話のように簡単に「対面の」体験を実現する高い拡張性を持ったソリューションです。またAT&T Telepresenceソリューションは、企業間接続を実現し、他のテレプレゼンス商品との差別化の中心となる業界初の「meet-me」機能を提供します。

AT&T Telepresenceソリューションは、2008年下半期に23カ国で提供を開始し、2009年にはその他の国においても展開していく予定です。AT&Tとシスコは主要なお客様に対し試験的な導入を開始しています。また両社のセールス・チームは、米国本社の多国籍企業と、選抜した米国外に本社を持つ企業を対象に積極的な営業活動を実施していきます。

AT&Tとシスコは、企業や団体におけるテレプレゼンス技術の活用と発展を実現するため、今回の提携に至りました。本日の発表は、両社が提供する業界最先端のイノベーションを駆使したお客様の期待に応える最初のソリューションです。

両社は、革新的なCisco TelePresenceソリューションにAT&TのIPネットワークおよびVPN機能を統合し、企業のコラボレーションとヘルスケア、ハイテク、小売、政府機関をはじめとする業界を横断するグローバルビジネスの展開において、新たな手段を提供することに合意しています。

AT&Tグローバル・ビジネス・サービスのグループ・プレジデント、ロナルド・E・スピアーズ(Ronald E. Spears)は、「お客様の迅速、適切な意思決定支援を通じて、当社がいかにお客様の『Business Velocity』を向上させているかを示す最新の事例が、AT&T Telepresenceソリューションです。お客様は、AT&Tネットワークや、ワールドクラスのサービスを提供する当社の専門知識を利用することで、この体験型コラボレーション技術がもたらす数多くの利点を享受できます」と述べています。

他社とのコラボレーションを促進するAT&T Telepresenceソリューションによって、企業は、超高品位ビデオ(1080p)と高品質な音声など特別に設計された環境下において、実物のような映像を得ることが出来ます。これにより、他の参加者が通りひとつ隔てた場所にいても世界中どこにいても、あたかも自分と同じ部屋にいるかのような体験が可能となります。さらにこのソリューションは、一般的なスケジュール調整アプリケーションや、ボタンひとつで発信できる使い勝手のよい電話インターフェースを持つコンシェルジュ・サービス機能も備えています。

AT&Tは、ヘルスケア、ハイテク、小売、政府機関など幅広い業界に対し、テレプレゼンスを活用した業界特化型アプリケーションの開発に力を入れており、企業に新たな収益機会を提供するとともにコスト削減と生産性の向上を支援しています。例えば、常に利益率の向上に直面し、かつ販売のエコシステムが複雑であることが多い小売業界は、製品化までの期間の短縮とサプライチェーンの効率性向上を常に追求しています。こうした小売業界は、AT&T Telepresenceソリューションを利用することで、世界中のデザイナー、貿易業者、製造業者とリアルタイムで連携でき、製品やプロセスの開発、修正が容易になります。

Cisco TelePresence System 3000および Cisco TelePresence System 1000のエンドポイントに応じて、3スクリーンまたは1スクリーンの選択肢があります。

また、AT&T Telepresenceソリューションは、AT&Tが所有するCisco TelePresence機器、導入工事、アプリケーションの全面モニタリングおよび運用管理、ネットワークのプロビジョニング(AVPNの移行を含む)、リモート・ヘルプデスク、およびオンサイトメンテナンスも提供します。

シスコのEmerging Technologies担当シニアバイスプレジデントであるマーティン・デビアー(Marthin Debeer)氏は、「AT&Tは、世界中に存在する750以上のCisco TelePresenceの利用場所に企業間Cisco TelePresenceを提供する上で、大変重要な役割を果たしています。AT&Tは、IPネットワークをプラットフォームに、我々のTelePresenceを本格的に提供する初のプロバイダーとなります」と述べています。

スピアーズは、「AT&Tは現在、米国の11拠点でCisco TelePresenceを導入しており、来年にはこれを全世界へと拡大する予定です。私たちは、このソリューションを活用し、国内に散在している経営幹部を定期的に対面で集合することに成功しています。これにより、出張に費やす時間やコストを節約できるだけでなく、生産性を高めることが可能となりました。私たちは企業間TelePresence機能を利用することで、世界中の主要なお客様とより深い関係構築を、迅速に実現できると信じています」と述べています。

今回のシスコとの協業の一環として、AT&TはIP VPNサービスでCisco Powered TelePresence Connection Certificationの認定を受けました。Cisco TelePresence Connectionの認定プロセスは、ネットワーク性能の静的な測定にとどまらず、スタッフ、検証、プロセス、ツールに関して業界標準を満たしていることを検証するものです。つまり、この認定は、AT&TのネットワークがCisco TelePresenceアプリケーションをサポートするための質や性能、信頼性レベルの必要条件を満たしていることを保証するものです。AT&T IP VPNサービスは、世界最大のグローバル・ネットワーク・サービスの基盤となるものです。米国外に50以上のTier 1のPoP(ポイント・オブ・プレゼンス)を持つAT&Tは、米国最大のサービス・プロバイダーです。143カ国におけるMPLS(Multiprotocol Label Switching)ベースのサービスを支える3,700以上のサービス・ノードを通じて、AT&Tの巨大なグローバル・ネットワークは1営業日あたり平均14.5ペタバイトのデータ・トラフィックを流通させています。

【参考資料】
本資料は2008年4月21日(米国時間)にAT&Tが発表したリリースの抄訳です。
この件に関するお問い合わせは、AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602 までお願いいたします。リリース原文は、 http://www.att.com/gen/press-room?pid=4800&cdvn=news&newsarticleid=25523に掲載されています。



###

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
AT&T Web Site

AT&T Enterprise Services

Cisco Web Site
AT&T's Internet Protocol Virtual Private Network

AT&T’s Global Network
Related Releases: Related Fact Sheets:
AT&T to Invest $1 Billion in Global Network and Services for Multinational Customers in 2008 AT&T VPN Snapshot

Technorati Tags:?AT&T, Managed Network Services, Network Management, AT&T Telepresence Solution, IP VPN



AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業持株会社であり、AT&Tブランドのもとで、各種事業を展開するAT&Tグループ企業が活動しています。AT&Tは、企業向けIP通信サービスで世界的なリーダーであるだけでなく、携帯電話、高速インターネット接続、地域・長距離音声通信、Yellow PagesやYELLOWPAGES.COMを通じた電話帳出版および関連広告サービスの分野における、米国内最大の事業者です。AT&Tは、『3スクリーン統合戦略』の一環として、AT&T U-verseSM TVなどの次世代テレビ・サービスをはじめとするビデオ・エンターテイメント・オファリングを拡充しています。AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細については、www.att.com をご覧ください。



c 2008 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies.
この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン広報部(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内) 堀・菊地
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:attjppr@fleishman.com
先頭に戻る'