プレスリリース

AT&Tジャパン、国際学生NPOアイセック設立60周年記念事業を支援
~AT&Tアジア太平洋地域担当バイスプレジデント湊方彦が基調講演に参加~

2008年 1月30日

AT&Tジャパン株式会社(代表取締役社長:湊 方彦、本社東京都港区、以下 AT&Tジャパン)は、AT&T財団を通じ、特定非営利活動法人(NPO)アイセック・ジャパンに米30,000ドル相当の資金提供をし、再び活動を支援することを発表しました。この支援金は設立60周年を迎えるアイセックの記念事業として、3月に日本で開催される国際会議に活用されます。

アイセックは1948年に設立され、世界100の国と地域で海外インターンシップ・プログラムを運営する、世界最大の国際学生NPO(本部:オランダ・アムステルダム)です。アイセック・ジャパンは、同団体の日本支部にあたり1962年に設立。日本の学生の海外インターンシップ派遣、また海外の学生の日本企業への受け入れを通し、グローバル・リーダー育成の場を提供し続けています。この度AT&Tジャパンは、昨年11月の湊のアジア太平洋地域担当バイスプレジデントへの就任を受け、次世代のグローバル・リーダー育成に貢献するため今回の支援を決定しました。

アイセック・ジャパンは、アイセック設立60周年記念事業として、3月17日から23日の日程でグローバル・リーダーシップをテーマとした国際会議を予定しています。APXLDS(Asia Pacific Exchange Leadership Development Seminar)2008と題された同会議では、アジア太平洋地域20カ国から200名のアイセックメンバーが出席し、グローバル・リーダーシップスキルを身につけるワークショップなどが予定されています。また、同会議では、AT&Tアジア太平洋地域担当バイスプレジデントとして、日本、およびアジア太平洋地域12市場を統括する湊が、参加学生に向け、グローバル・リーダーシップについて基調講演を行う予定です。

さらに、同会議に先立ち、将来のグローバル・リーダーに求められる能力をテーマに、アイセック・ジャパンの代表と世界を舞台に活躍する企業トップとの対談企画も予定されており、AT&Tジャパンからも対談相手として参加を予定しています。

今回の支援にあたり、湊は「AT&Tジャパンとして、グローバルに活躍する日本人リーダーの育成に貢献したいという思いがあり、今回このような機会に支援でき光栄に思っています。個人的にもグローバルにリーダーシップを発揮していく立場になり、次世代のグローバル・リーダーとなる、自立自走を目指す高い視座を持った学生と触れ合うことで、自らにとっても成長の機会になると感じています。」と述べています。



(写真:左からアイセック・ジャパン事務局長武山氏と湊、2008年1月18日撮影)



###

特別非営利活動法人 アイセック・ジャパン
世界100カ国以上で海外インターンシップ・プログラムを運営する、世界最大の学生NPOアイセックの日本支部。 1962年設立。現在、東京都認定NPO法人として1,000人の学生をメンバーに持ち、日本全国24の大学委員会を拠点に活動の場を広げ、多くの学生にグローバルに活躍する機会を提供する。会長:椿 弘次、 早稲田大学商学部教授。詳細につきましてはhttp://www.aiesec.jp/をご覧ください。

この件に関するお問い合わせ先
フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社・日本AT&T広報担当 堀・片岡
Tel:03-3524-4633 Fax:03-3524-4602
E-mail:attjppr@fleishman.com
先頭に戻る'