プレスリリース

AT&Tとマレーシア通信マルチメディア委員会、2014マレーシア・デベロッパーズ・ディを共催

~「アジアのデジタル・エコシステム構築」をテーマにASEAN拡大版として開催、アジアでの革新的アプリ開発を後押し~

【2014年9月4日 マレーシア クアラルンプール発】 AT&T*とマレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)は、今年もマレーシア・デベロッパーズ・ディを共催します。今回はASEAN版として2014年9月17日(水)~9月19日(金)にクアラルンプールで開催され、米国大使Joseph Yu氏による基調講演が予定されています。

今年のマレーシア・デベロッパーズ・ディは、初開催となるデジタルテクノロジーの総合イベント「KL Converge!」の一部として開催され、アジア14ヵ国から集まった参加者が24時間以内にモバイルアプリ制作に挑戦します。最も優れたアプリを作成したチームには、アジア太平洋地域における次世代イノベーターの育成を目的とするオンラインソフトウェアトレーニングの12種に及ぶ奨学金を含む、総額15,000米ドルの賞金が授与されます。

昨年は110人以上の参加者によって、24もの新たなアプリのアイデアが生み出されました。今年はアジア14ヵ国から招待されるクリエイティブな開発者たちが、「デジタル・エコシステムの構築」をテーマとする下記3つの分野でアプリを開発し、賞金を目指して競います。

  • Best app for Community Involvement (最優秀地域貢献アプリ)
  • Best app for Smart City (最優秀スマートシティアプリ)
  • Best app for Commercialization (最優秀商品化アプリ)

AT&TとMCMCは、より短時間・低コストでアプリを作成するためのリソース、知識、ネットワーク組織を提供します。参加者は、AT&Tのネットワークを活用して構築されたサービスや、AT&Tのアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)が利用できます。デベロッパーは、APIを使ってアプリに音声・テキスト変換などの機能を簡単に組み込むことができます。また、同席のアドバイザーが参加者を支援し、ノウハウを提供します。

AT&T デバイス・オペレーションならびにデベロッパー・サービス担当バイスプレジデント Carlton Hillは次のように述べています。「AT&Tは米国の通信企業として初めてデベロッパー・プログラムを立ち上げましたが、これは現在もっとも長く続くプログラムとなっています。今年もマレーシア通信マルチメディア委員会と協力して2014マレーシア・デベロッパーズ・ディを共催できることを嬉しく思います。このイベントは、より接続性の高い豊かなデジタル・エコシステムをアジアに構築するために、必要なツールとチャンスをアプリ開発者に提供する絶好の機会になるでしょう。」

マレーシア通信マルチメディア委員会の計画・開発担当主任 Dato' Mohd Ali Hanafiah氏は次のように述べています。「昨年は、熱意があり優れた才能を有するマレーシアのアプリ開発者たちに出会うことができました。彼らが開発する様々なモバイルアプリには、経済を刺激し大きな変化をもたらす可能性があります。このイベントをアジア諸国全体に拡大することで、この地域の発展を促進するイノベーションと創造力がさらに発揮されることを望んでいます。」

2014年マレーシア・デベロッパーズ・ディ―ASEAN版―は、マレーシア時間の2014年9月17日午前9時から18日午後5時にかけてクアラルンプール・コンベンションセンターで開催されます。3つの分野の優勝チームにはそれぞれ1,000米ドルが贈られます。優勝チームは翌19日、「KL Converge!」祝宴会場でアプリのプレゼンテーションを行い、大賞10,000米ドルの獲得を目指します。また、AT&TとUdacityからはMassive Open Online Course形式の「ナノ学位」への奨学金が提供されます。

マレーシア・デベロッパーズ・ディに関心がある方は、soc.att.com/MYDD2014をご覧ください。

*AT&T の製品およびサービスは、AT&T ブランドのもと、AT&T Inc.の子会社および関連会社から提供または供給されるもので、 AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

MCMCについて
マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)は、1998年に制定された通信マルチメディア委員会法(MCMCA)によって設置された国家機関で、通信・マルチメディア分野における国の政策を推進する役割を担っています。MCMCは電気通信、放送、インターネット事業、郵便事業、デジタル認証など、通信およびマルチメディア産業の規制と推進を行います。MCMCAでは、担当大臣が政策上の意思決定を行い、MCMCは政策実施の役割を担うことが定められています。また大臣は委員会に対して政策上の指針を与える権限を有しています。されに詳しい情報は、www.mcmc.gov.my.(英語)をご覧ください。

AT&Tについて
AT&T Inc. (NYSE: T) は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業の持株会社で、世界で最も表彰されている企業の一社です。同社のグループ企業はAT&Tブランドのもとで各種サービスを展開しています。AT&Tは、全米で最も安定した4G LTEネットワークを含めたネットワーク環境を提供しており、無線通信、Wi-Fi、高速インターネット接続、音声通信、およびクラウド型サービスにおけるリーディング企業です。また、無線ブロードバンドおよび台頭しつつある第四世代の通信技術のリーダーであるとともに、米国の通信事業者で世界最大の通信カバレッジと世界最大の通信サービスを提供しています。また同社はAT&T U-verse® およびAT&T | DIRECTVブランドを通し、業界最先端のTVサービスも提供しております。

AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細については www.att.com/aboutus をご覧ください。また、Facebook(www.facebook.com/att)や、YouTubeチャンネル(www.youtube.com/att) からもご覧いただけます。Twitterでは、@ATTをフォローすると当社のニュースがご覧いただけます。

© 2014 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners.

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン株式会社 広報部
(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当: 吉田 直人/秋元 由梨
TEL: 03-6204-4364    Fax: 03-6204-4302
E-mail: naoto.yoshida@fleishman.com /yuri.akimoto@fleishman.com