プレスリリース

AT&T、ゼネラル・エレクトリック社とグローバル業務提携を締結し、 マシン・ツー・マシン・ソリューションを提供

ゼネラル・エレクトリック社の「インダストリアル・インターネット」のソリューションに AT&Tのグローバルネットワーク、モバイル資産、M2M技術を活用

【2013年10月9日 ダラス発】 AT&T*は本日、ゼネラル・エレクトリック社(以下、「GE社」)とのグローバル業務提携を締結したことを発表しました。GE社の各種機器をAT&Tのネットワークおよびクラウドに接続することで、GE社の「インダストリアル・インターネット」で初となるきわめて安全性の高い無線通信システムを構築します。

AT&TとGE社は、マシン・ツー・マシン(M2M)通信システムが生産性の向上をもたらし、グローバルに事業を展開しているメーカーなど様々な顧客のビジネスに貢献できると考えています。従業員はこの通信システムを介して、世界中のあらゆる場所から遠隔でGE社の各種機器を追跡・監視・記録・操作できるようになります。

また、AT&TとGE社は、AT&Tのネットワーク技術、単一のグローバルSIM(加入者識別モジュール)、各種デバイスに関する専門知識、セキュリティ、クラウドへのアクセスなどを融合させた新たなソリューションを開発し、電気自動車の充電器やライト類、エンジンといった工業製品向けに提供する予定です。また両社は、AT&T Foundry® イノベーション・センターにおいて、産業機械の先行保全や遠隔操作を可能にする革新的なソリューションをGEのソフトウェアプラットフォーム PredixTMで共同開発することを計画しています。

AT&T Business Solutions 最高経営責任者 Andy Geisseは次のように述べています。「例えば、航空会社が世界中のあらゆる場所から自社機エンジンをモニタリング・診断し、問題を解決できるような状況を想像してみて下さい。GE社の『インダストリアル・インターネット』と、当社のグローバルネットワークと業界最先端M2Mソリューションがコラボレーションすることによって、あらゆる産業機器がネットワークで接続される環境を実現され、お客様のビジネスを強力に支援してまいります。」

GEソフトウェア社 バイスプレジデント兼役員 Bill Ruth氏は次のように述べています。「当社とAT&Tとのコラボレーションは『インダストリアル・インターネット』のビジョンを実現するものです。当社とAT&Tは、人、データ、そして優れた機械が交わることで、グローバル市場における生産性と効率性に大きなインパクトを与えるだろうと考えております。産業機器とネットワーク、そしてクラウドが接続されることによって、高度に安定したM2M通信技術を通じて、世界中の従業員がワイヤレスで遠隔から機械を追跡、監視、運用することができるようになります。」

AT&TはM2M通信の開発・展開におけるグローバル・リーダーです。AT&TのM2M事業は、実績を積み重ねており、新たに何百万台ものデバイスがネットワークに接続されています。業界アナリストからソリューション開発の経験と能力を評価されています。M2M事業の顧客数は昨年1年間で38%の増加をみています。

調査会社Analysys Mason社が昨年発表したレポート「2012 M2M Scorecard for Communications Service Providers」において、AT&Tは業界を代表する企業に位置づけられています。レポートは次のように報告しています。「AT&TはM2Mのパートナーシップ、研究開発、組織構成の項目で最高評価を獲得した。AT&Tはパートナーシップ戦略の構築と、社内の組織構成の面で優れている。また研究開発において、基幹研究とソリューション開発の双方に焦点を当てている点が特に高く評価できる。」

AT&Tの優れたネットワーク

AT&Tの4G LTEネットワークは、現時点において、全米最速、且つ最も信頼性の高いネットワークであることが第三者機関のデータによって実証されています**。また第三者機関が実施するテストにより、そのパフォーマンスの優位性が改めて実証されています。

  • AT&Tの4G LTEネットワークサービスは、PCWorld・TechHiveが全米20都市で実施した最新のスピードテストにおいて、業界最速の平均ダウンロード・アップロード速度を記録しており、2年連続で総合1位の座を獲得しています。また3G・4G通信の組み合わせでは、PCWorld・TechHiveが調査を実施した全米20都市で最速を記録しています。***
  • AT&Tの4GLTEネットワークは、PC Magazineの「2013年 米国における最速モバイルネットワーク」米国30都市調査において最速の評価を受けるとともに、米国北東部・南東部・北中部・南中部・北西部・南西部の全6地域で最高評価を獲得しています。****

本グローバル業務提携に関する詳細な情報は、以下をご覧ください。 http://networkingexchangeblog.att.com/enterprise-business/coming-together-for-innovation-in-m2m/

*AT&T の製品およびサービスは、AT&T ブランドのもと、AT&T Inc.の子会社および関連会社から提供または供給されるもので、AT&T Inc.が提供または供給するものではありません。

**全米規模の通信会社の4G LTE平均ダウンロード速度の比較にもとづく評価。信頼度は、全国規模の4G LTEネットワークにおけるデータ転送成功率の比較による。LTEはETSIの登録商標です。一部地域では4G LTEがご利用になれません。

***2013年5月23日 PCWorld/TechHive誌 「AT&T clocks best overall speeds with 3G/4G combo」

****2013年6月17日 PC Magazine  http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2420333,00.asp

AT&Tについて
AT&T Inc.は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業の持株会社です。同社のグループ企業はAT&Tブランドのもとで各種サービスを展開しています。AT&Tは、全米最速の携帯ブロードバンド・ネットワークを保有し、無線通信、Wi-Fi、高速インターネット接続、音声通信、およびクラウド型サービスのリーディング企業です。また、無線ブロードバンドおよび台頭しつつある第四世代の通信技術のリーダーであるとともに、米国の通信事業者で世界最大の通信カバレッジと世界最大の通信サービスを提供しています。また同社はAT&T U-verse®およびAT&T | DIRECTVブランドを通し、業界最先端のTVサービスも提供しております。

AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細についてはAT&T Web Siteをご覧ください。AT&Tの本リリースその他の発表はAT&T Newsroomでご覧いただけます。またRSSフィードの一部はAT&T RSS Feedから取得できます。Twitterでは、Twitter @ATTをフォローすると当社のニュースがご覧いただけます。

©2013 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. 4G not available everywhere. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies. All other marks contained herein are the property of their respective owners.

将来予測に関する記載についての注意事項
このニュースリリースに記載されている情報には、各種リスクおよび不確定要素の影響を受ける財務予測およびその他の将来予測に関する記載が含まれており、実際の業績がこれと大幅に異なったものとなる可能性があります。将来的な業績に影響を及ぼす可能性のある要因についての考察は、証券取引委員会への AT&T の提出書類 に記載されています。AT&T は、このニュースリリースの記載について、新たな情報またはその他の事項に基づいて更新および改訂を行う義務を負わないものとします。

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン株式会社 広報部
(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当: 吉田 直人/秋元 由梨
TEL: 03-6204-4364    Fax: 03-6204-4302
E-mail: naoto.yoshida@fleishman.com /yuri.akimoto@fleishman.com