プレスリリース

AT&Tと中国電信(チャイナテレコム) 多国籍企業へのグローバルソリューション提供で合意

【2011年11月30日 中国・北京発】  AT&T*は、中国電信(チャイナテレコム)と戦略的協力枠組合意に調印しました。本合意により、現在の提携をさらに拡充し、多国籍企業に最新のグローバルソリューションを提供できるようになります。

この枠組合意はAT&Tと中国電信との長年にわたる関係をもとに実現へと至りました。また、AT&T・中国電信・上海市信息投資股份有限公司(Shanghai Information Investment Co.)によって2000年に設立された中国初のテレコミュニケーションサービス分野における外資系企業との合弁会社、上海信天通信有限公司(Shanghai Symphony Telecommunications Co., Ltd.)の成功もその礎となっています。

この合意に基づいて、両社は以下について共同で取り組んでいきます。

  • 中国における多国籍企業の事業が拡大しているという背景を踏まえて、AT&Tが現在中国で提供しているIP-VPN サービスを拡充します。これにより多国籍企業は技術選択の幅が広がり、業績を向上させるとともにTCO(Total Cost of Ownership: システム運用にかかる総経費)を削減できます。また、VPNサービスの拡張版や最新サービス(テレプレゼンス、マネージドホスティング、クラウドサービス、ネットワーク統合、モビリティソリューションなど)を共同で展開する予定です。
  • AT&Tの米国内のMPLSベースIPネットワークと中国電信のネットワークを接続します。多国籍企業は中国国内においても世界水準のネットワーク環境を得られます。
  • 相互サポートを世界各地で提供できることを目指します。
  • 両社のWiFi ローミングが利用可能となります。
  • 両社間のビジネスプロセスを簡素化し、効率性向上を支援するツールを整備します。

AT&T Business SolutionsのMarketing and global strategy担当シニアバイスプレジデントのRoman Pacewiczは次のように述べています。「企業の競争力を高めグローバルな事業展開を進めていくには、中国と世界をつなぐコミュニケーションサービスの向上が鍵になってくる、といったお客様の声を聞くことがあります。そのような声に応え、中国国内でも世界の他地域と同様のサービスを展開するべく、今回の戦略協力枠組合意の実現に至りました。」

また、中国電信グローバルビジネス担当責任者のKou Fengda氏は次のように述べています。「今回の戦略的提携により、中国電信は米国のAT&Tのネットワークを通じてエンド・ツー・エンドのサービスを向上させることが可能になります。これにより米国でビジネスを行う中国系またはアジア系企業に、より良いサービスが提供できるようになりました。また、中国電信とAT&Tは、それぞれのお客様に対し両社のWiFiローミングサービスを直接提供することが可能になるため、お客様はより良いワイヤレス・ブロードバンドサービスを利用することができます。」

今回の枠組合意の下での契約締結を通じて、両社は多国籍企業に対し以下のサービス向上を目指します。

  • 契約および請求手続きの簡素化
  • MPLSベースサービスの質の向上
  • コスト軽減
  • 米国と中国間のサービスポートフォリオの拡大
  • 新しい商品やサービスの開発に要する時間の短縮化
  • AT&Tは20年余りにわたって中国で事業を展開しており、同国初のテレコミュニケーションサービス合弁会社を設立した唯一の外資系企業です。同社は中国国内で600社以上にサービスを提供しており、この3年間、二桁成長を続けています。

AT&Tは世界で最も多様な地域の一つであるアジアにおいて30年以上事業を展開してきました。アジア地域はAT&Tの海外事業の中で最も大きく成長している市場であり、収益面ではこの5年で平均二桁台の伸びを見せています。中国の上海信天通信合弁会社に加え、2006年にインドで初めてテレコミュニケーション合弁許可を取得しました。また、2011年にはインドネシアで外資系企業として初となるマルチメディア・サービス事業者(Multimedia Services Operator license in Indonesia)の免許を取得しました。

* AT&T関連製品およびサービスの提供またはオファーは、同社の子会社または関連会社がAT&Tブランドとして取り扱っており、AT&T社が行っているわけではありません。

Find More Information Online:
Web Site Links: Related Media Kits:
Related Releases: Related Fact Sheets:

将来予測に関する記載についての注意事項
このニュースリリースに記載されている情報には、各種リスクおよび不確定要素の影響を受ける財務予測およびその他の将来予測に関する記載が含まれており、実際の業績がこれと大幅に異なったものとなる可能性があります。将来的な業績に影響を及ぼす可能性のある要因についての考察は、証券取引委員会へのAT&Tの提出書類に記載されています。AT&Tは、このニュースリリースの記載について、新たな情報またはその他の事項に基づいて更新および改訂を行う義務を負わないものとします。

中国電信(チャイナテレコム)について
中国電信(チャイナテレコム)は世界最大の固定回線網を擁しており、固定電話加入者は1億7,600万件、ブロードバンドカスタマーは8,127万件にのぼります。同社のモバイルネットワークは世界最大のCDMAネットワークの一つであり、中国全土に張り巡らせています。2011年10月末までに、同CDMAネットワークの加入者数は1億2,000万件に達しました。子会社のChina Telecom Corporation Limitedはニューヨーク証券取引所および香港証券取引所の両方に上場しています。

AT&Tについて
AT&T Inc. (NYSE:T)は、米国内および全世界で事業を展開する通信事業の持株会社です。同社のグループ企業はAT&Tブランドのもとで各種サービスを展開しています。AT&Tは、全米最速の携帯ブロードバンド・ネットワークを保有し、無線通信、Wi-Fi、高速インターネット接続、音声通信、およびクラウド型サービスのリーディング企業です。また、無線ブロードバンドおよび台頭しつつある第四世代の通信技術のリーダーであるとともに、米国の通信事業者で世界最大の通信カバレッジおよび通信サービスを提供しています。また同社はAT&T U-verse®およびAT&T | DIRECTVブランドを通し、業界最先端のTVサービスも提供しております。同社のIPベースの法人向けコミュニケーション・サービスは世界最先端の技術を駆使しており、AT&T Advertising SolutionsとAT&T Interactiveは検索と広告分野に特化したリーダーシップを米国内市場において発揮しています。

AT&T Inc.ならびにAT&Tの提供するサービスの詳細についてはAT&T Web Siteをご覧ください。AT&Tの本リリースならびにその他の発表はAT&T Newsroomでご覧いただけます。またRSSフィードの一部はAT&T RSS Feedから取得できます。Twitterでは、Twitter @ATTをフォローすると当社のニュースがご覧いただけます。

© 2011 AT&T Intellectual Property. All rights reserved. Mobile broadband not available in all areas. AT&T, the AT&T logo and all other marks contained herein are trademarks of AT&T Intellectual Property and/or AT&T affiliated companies.

この件に関するお問い合わせ先
AT&Tジャパン株式会社 広報部
(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
担当: 秋元 由梨 / 吉田 直人
TEL: 03-6204-4322 / 4364 Fax: 03-6204-4302
E-mail: yuri.akimoto@fleishman.com / naoto.yoshida@fleishman.com